当院の一般歯科について

〒475-0917愛知県半田市清城町2-13-24

一般歯科 GENERAL

当院の一般歯科

歯が痛いと感じたら三和歯科へ

患者さんが歯医者へ来る多くの理由はむし歯によって歯が痛む場合です。むし歯は歯の表面に付着する歯垢や歯石の中に潜むむし歯菌によって歯が溶かされてしまうことでずきずき痛みます。
歯が痛いと感じたときは、既にむし歯になっている可能性が高いため放っておくとどんどん進行して健康な歯までむし歯になってしまいます。当院では患者さんに丁寧でわかりやすい説明を心掛けていますので、歯の治療は早めにご相談ください。

このような症状はご相談ください

  • 歯が痛い
  • 口の中がズキズキ痛む
  • むし歯がある
  • 歯が欠けた
  • 口内炎ができた
  • 口の中のケガ
  • 口のなかの出血
  • 寝ている間に歯ぎしりしてしまう
  • 知覚過敏
  • 根管治療
  • 親知らずがある

できるだけ痛くない、
できるだけ歯を残す治療

痛みの少ない治療を目指して

当院では患者さんの負担にならないように、痛みに配慮した治療を心掛けています。歯の治療をしたくても、治療時の痛みが気になるためなかなか歯医者に行けていないという方も多いのではないでしょうか。「治療を実際に受けてみたらそこまで痛くなかった」「三和歯科クリニックに通ってみよう」と思ってもらえるように、痛みの少ない治療を提供します。治療の痛みが苦手という方もぜひ一度ご相談ください。

痛みの少ない治療への取り組み

01

表面麻酔

注射する部分に、事前に表面麻酔液を塗ります。これによって針を刺す際のチクっという痛みを防ぐことができます。

02

麻酔液

麻酔液が熱かったり冷たかったりすると、体内に注入した時に不快感がでます。麻酔液を人肌同等の37度くらいにあたためて、注入時の痛みを軽減します。

03

注射針

症例によって使用する注射針の太さを変えています。基本的には痛みの少ない極細針を使用します。

できるだけ歯を残す治療

生まれもった大切な歯を安易に傷つけることなくできるだけ歯を残す治療を心掛けています。一度歯を削ってしまうと、詰め物や被せ物で機能は取り戻せても、削った自分の天然歯は元には戻せません。
また、天然歯に代わる歯もこの世にはありません。
一人でも多くの人に自分の健康な歯で幸せな人生を送っていただきたいと思っています。

天然歯を残すための取り組み

01

5倍速コントラ

コントラとは電動で回転して歯を削る器具で、使用する5倍速コントラは硬い銀歯や歯の土台を外したり、歯の形を整えたりと色々な用途で使用することができます。

02

スプーン
エキスカベーター

神経に近い部分は、このスプーンエキスカベーターを使用します。ドリルでは削りすぎてしまう部分を、エキスカを使用することで削りすぎることなく、大切な歯を傷つけません。

03

歯科用ルーペ

必要に応じて歯科用ルーペを使用します。肉眼よりも何倍も拡大された視野で治療ができるため従来と比べ精密な治療ができるようになりました。

むし歯治療について

進行が進んだむし歯も、
根幹治療で抜かずに残す

むし歯の進行が進むと、歯の神経まで達します。歯の神経や血管は、根管という細い管の中を通っており、その根管内を掃除してむし歯菌に侵された部分を除去します。これを根管治療といい、神経を取る治療になります。根管内のむし歯に侵された神経や血管を取り除いた後は、徹底的に洗浄や消毒を繰り返して根管内の無菌化を目指します。最終的には、歯の土台を形成して被せ物を入れて歯を修復します。当院では、より精密で適切な治療を行うためにCTを利用することもあります。

むし歯治療後の詰め物や被せ物

歯を削った後に、必ず詰め物や被せ物をします。よく使用されるのが金属の詰め物ですが、金属アレルギーが気になるという方や見た目にこだわる方のために、なるべく天然歯に近い素材を複数ご用意しています。治療部位や予算に応じて、患者さん一人ひとりに合った詰め物や被せ物を提供させていただきますので、安心してご相談ください。

審美性が高く体にも優しい
メタルフリー治療

当院では、金属を使用しないメタルフリー治療を行います。メタルフリー治療では、体に優しいセラミック素材を使用して天然歯のような色や形を再現します。

透明で
目立ち
にくい
審美性
が高い
金属
アレルギー
の心配なし

口腔外科

お口や顎の症状で
お困りの方へ

口腔外科では、むし歯や歯周病以外の疾患を対象とした治療を行います。お口の中のできものや怪我の治療や、顎関節症など診療内容は多岐に渡り患者さんの症状をみて外科的治療をします。
お口や顎について、何か気になることや心配なことがあれば症状についてご相談ください。

このような症状はご相談ください

  • 口の中に炎症がある
  • 親知らずが痛い
  • 親知らずの抜歯
  • 舌が痺れる
  • 顎が痛い
  • 顎がカクカクする
  • 口が開かない
  • 話しにくい

親知らずの抜歯

親知らずとは、28本の永久歯が生え揃った後に奥歯の奥に生えてくる歯のことです。親知らずは必ず抜くとは限らず、生まれながらにして親知らずが生えない人、埋まったままの人、斜めに生えてきても痛みがない人の場合は抜歯の必要がありません。ただ痛みがあったり、周りの歯に悪影響を及ぼす可能性がある場合は抜歯をおすすめします。まずは抜歯するかどうかの診断を行い、抜歯の際は患者さんになるべく負担がかからないような治療をします。

抜歯する可能性が高い親知らず

  • 歯並びに悪影響を与えるリスクがある
  • 噛み合わずに歯茎を傷つけてしまう
  • 親知らずのまわりに、のう胞ができている

顎関節症

顎関節症とは、顎の動きに合わせて関節が動かなくなって顎が開きにくくなり、口の開閉時に痛みや「ガク」というような異音がする症状のことです。原因としては、生活習慣、ストレス、姿勢悪さなど様々ありますが、噛み合わせが悪いことよって顎関節症になってしまうケースが多いとされています。正しい噛み合わせの治療だけではなく、顎関節に外科的なアプローチができないか検討し患者さんに合った治療法をご提案します。

顎関節症の疑いがある症状

  • 噛むとこめかみや耳の付け根が痛い
  • 口を開けたり閉じたりする時に顎が痛む
  • 口を大きく開けえて指が縦に3本入らない